八代焼

 高田焼ともいわれ、加藤清正が朝鮮の陶工損楷(上野喜蔵)を寛文年間に連れてきたことに始まるといわれる。
八代焼はきめの細かい粘土を使ったため高麗青磁のような象嵌が見事で1つの特徴になっている。

     

支払い方法や送料について


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン